DynamicBrain Platform
INCF Japan Node Portal Site
Login
Shibboleth Login
Username


Password



文部科学省特定領域研究「神経グリア回路網」成果報告

From DynamicBrain Platform

文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」(神経グリア回路網)
「グリア- ニューロン回路網による情報処理機構の解明」
実施期間:平成15年度 ~ 平成19年度
領域代表者 工藤 佳久 東京薬科大学 名誉教授

研究の概要

本研究の目的はグリアとニューロンの間での分子レベル、細胞レベルでのコミニュケーションが生み出す脳機能を分子レベルから個体レベル、正常脳機能から精神神経疾患の発現に至るまでを研究することにある。研究組織は領域研究として情報交換、技術交流、相互評価を行うに適切な規模の14の計画研究班で構成した。さらに、平成16年度から平成17年度には第一回の公募を行い、32グループの、そして平成18年度から平成19年度には第二回公募を行って26グループの公募班員を加えた。

本領域研究の主な目的は次に掲げる三項目である。

1)グリアとニューロンの間で展開される情報伝達の仕組みの解析。
2)その情報伝達の維持のために発現する多様な分子群の探索。
3)その結果生ずる脳機能とその病態の解析。
詳細はこちらをご覧ください

研究班組織

総括班
総括班長:
工藤 佳久(東京薬科大学・生命科学部・名誉教授)
総括班員:
高坂 新一(国立精神神経センター:神経研究所・所長)
池中 一裕(自然科学研究機構・生理学研究所・教授)
小澤 瀞司(群馬大学・医学部・教授)
宮川 博義(東京薬科大学・生命科学部・教授)
総括班評価者:
濱 清(自然科学研究機構:生理学研究所名誉教授)
生田 房弘(新潟大学・名誉教授)
堀田 凱樹(情報・システム研究機構・機構長)
担当文部省学術調査官:
鍋倉 淳一(生理学研究所)
柏 淳(東京医科歯科大学)
本田 学(国立精神神経センター)
赤池 孝章(熊本大学)
池内 健(新潟大学)
斎藤 康彦(群馬大学)
石塚 真由美(北海道大学)
計画班  詳細はこちらをご覧ください
公募班  詳細はこちらをご覧ください

各研究班の研究成果報告

計画班

A01)神経伝達物質を介したグリア-ニューロン相互調節機構に関する研究

代表:高坂 新一(国立精神神経センター:神経研)
分担:今井 嘉紀(同)、内野 茂夫(同)、佐々木 洋(同)、大澤 圭子(同)
代表:宮川 博義(東京薬大・生命科学)
分担:森本 高子(同)、井上 雅司(同)、森田 光洋(同)、工藤 佳久(同)
代表:小澤 瀞司(群馬大・医)
分担:都筑 馨介(同)、飯野 昌枝(同)
代表:岡部 繁男(東京大学院医学研究科)
分担:井上 明宏(東京医科歯科大学)
代表:井上 和秀(九州大院・薬)
分担:小泉 修一(山梨大学・医)、津田 誠(九州大院・薬)

A02)グリア-ニューロン相互認識による機能分子発現機構に関する研究

代表:池中 一裕(生理学研究所)
分担:竹林 浩秀(同)
代表:高橋 正身(北里大・医)
分担:高垣 洋太郎(同)、東 貞宏(同)、阿部 輝男(新潟大学・脳研)、片岡 正和(信州大・工)
代表:木山 博資(大阪市大院・医)
分担:前田 光代(同)、瀬尾 寿美子(同)、濤川 一彦(同)
代表:馬場 弘子(東京薬大・薬)
分担:山口 宣秀(同)、林 明子(同)
代表:重本 隆一(生理学研究所)
分担:深澤 有吾(同)、時田 美和子(同)

A03)グリア-ニューロン回路網を介した脳機能発現機構とその異常に関する研究

代表:和田 圭司(国立精神神経センター:神経研)
分担:野田 百美(九州大院・薬)
代表:加藤 宏司(山形大・医)
分担:藤井 聡(同)、山崎 良彦(同)
代表:中西 博(九州大学院・歯)
分担:門司 晃(九州大・医付属病院)
代表:平林 真澄(生理学研究所)
分担:平林 敬浩(同)、八木 健(大阪大学院・生命機能)、保地 眞一(信州大・繊維)

公募班(A:16 - 19年;B:16 - 17年;C:18 - 19年)

A01)神経伝達物質を介したグリア-ニューロン相互調節機構に関する研究

田中 光一(東京医歯大院・疾患生命)(A)
仲田 義啓(広島大大学院医歯薬総合)(A)
南 雅文(北海道大院・薬)(A)
山本 清二(浜松医科大・光量子)(A)
藤田 卓也(京都薬大・薬)(B)
飯島 敏夫(東北大院・生命)(B)
神谷 温之(北大院・医)(B)
久保 義弘(生理学研究所)(B)
佐竹 伸一郎(生理学研究所)(B)
岡田 泰伸(生理学研究所)(C)
加藤 総夫(東京慈恵医大)(C)
深谷 昌弘(北大院・医)(C)

A02)グリア-ニューロン相互認識による機能分子発現機構に関する研究

浅井 清文(名市大学院・医)(A)
稲津 正人(東京医科大)(A)
鹿川 哲史(熊本大・発生医学セ)(A)
山田 真久(理研・脳科学)(A)
瀬原 淳子(京都大・再生医学研)(B)
玉巻 伸章(熊本大院・医学薬)(B)
津田 正明(富山医薬大・薬)(B)
中嶋 一行(創価大・工)(B)
渡邊 和忠(長岡技術大・生物・教授)(B)
大久保 洋平(東京大院・医学)(C)
古市 貞一(理研・脳科学)(C)

A03)グリア-ニューロン回路網を介した脳機能発現機構とその異常に関する研究

榎戸 靖(東京医歯大・難治研)(A)
中山 仁(熊本大院・薬)(A)
鍋島 俊隆(名古屋大院・医)(A)
野村 真(東北大院・医)(A)
橋本 謙二(千葉大学院・医)(A)
星野 幹雄(京都大学院・医)(A)
森 寿(富山医薬大院・医)(A)
大塚 俊之(京都大・ウイルス研)(B)
鈴木 龍雄(信州大院・医)(B)
服部 光治(名古屋市大院・薬)(B)
原田 高幸(東京都神経研)(B)
福田 敦夫(浜松医大・医)(B)
溝口 明(三重大・医)(B)
渡邊 恭良(大阪市大院・医)(B)
尾崎 紀夫(名古屋大院・医)(C)
斎藤 尚亮(神戸大・バイオシグナル)(C)
平瀬 肇(理研・脳科学)(C)
平田 晋三(名古屋大院・理学)(C)
宮川 剛(藤田保健衛生大)(C)
米田 幸雄(金沢大院・自然科学)(C)

公開シンポジウム

サマーワークショップ

USA-Japan joint meeting for glial research